洗濯バサミはおもちゃにもなる 知育玩具に最適です

洗濯物を干すときに欠かせないもの、それは洗濯バサミです。風が吹いていてもいなくても、洗濯バサミできちんと留めておかないと、せっかくきれいに洗った洗濯物も地面に落ちてしまいますよね。そんな洗濯バサミですが、洗濯物を干すとき以外にもいろいろな場面で役立つ万能選手なんです。

洗濯物を止めるなら洗濯バサミにおまかせ!

洗濯物を干す際には洗濯バサミは欠かせません。下着やくつ下は洗濯物ハンガーを使っても、バスタオルやシーツを物干しざおにかける時には洗濯バサミで留めますよね。大きなものから小さなものまで、また材質もプラスチックや金属などいろいろな種類がありますので、自分の好みに合わせて選べるのもいいですよね。

お菓子やパンの袋などをちょっと留めたい時にも便利!

食べかけのお菓子やパンの袋。袋の口をあけっぱなしにしておくと、湿気って風味が落ちてしまう原因にもなります。袋の口をギュッと縛ってもいいですが、それだと次に使うときに開けにくくて不便です。そんな時にも洗濯バサミが大活躍。袋の口をキュッとすぼめて洗濯バサミで留めれば、簡単に袋を閉じることができます。袋の口を密封する便利な専用クリップもありますが、洗濯バサミの方が小さなお子さんにも使いやすいのでおすすめです。

洗濯バサミが知育玩具として使えます

小さなころ、洗濯バサミを組み合わせて飛行機や怪獣を作ったことはありませんか?洗濯バサミで別の洗濯バサミをはさみ、それに次の洗濯バサミをはさんで、ということを繰り返していくと、立体図形ができます。
お子さんのイメージによって自動車や動物、花など、いろいろな作品が誕生します。
ブロックや積み木でももちろん楽しく遊べますが、洗濯バサミのいいところは、洗濯バサミ同士ではさめること。丈夫に作れるので、作った作品で怪獣ごっこや自動車ごっこなどができます。元に戻せばもちろん洗濯バサミとして使えますので、改めておもちゃを買わなくても楽しく、何度でも遊ぶことができます。想像力豊かなお子さんに渡してみたら、思わぬ面白い遊び方が見つかるかもしれませんよ。このように、洗濯バサミが知育玩具として使うことができます。

いろいろな場面で便利に使える洗濯バサミ。
「はさんで留める」というシンプルな構造だけに、日常生活のあらゆる場面で活躍できますよね。ホームセンターに行けば、形や材質が違う種類のものが並んでいるので、自分のライフスタイルにあった洗濯バサミを見つけてくださいね!
地味に便利な洗濯バサミのお話でした。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

突っ張り棒で棚を作っておしゃれに収納する方法

スーパーオレンジ 家中のお掃除に使える多目的洗剤

軍手で食器を洗う方法

ダイソーで購入できる便利な用品をご紹介

BRUNOホットサンドメーカーは忙しい朝の救世主

話題の珪藻土で作られたスプーンの秘密