アイラップは料理以外にも使えて便利だけど地域限定商品だった

岩谷マテリアルから出ている「アイラップ」ってご存知ですか?
料理、その他にもいろいろと使えるマチ付きのポリ袋です。
日本全国どこでも買える商品だと思っていたのですが、実は地域限定品であることを知りました。

アイラップとは?

「炎のラップ アイラップ」という印象的なキャッチコピーとオレンジ色の台形のような形の箱。
上部を切り取ると、そこから一枚ずつ取り出せるようになっています。

1箱に60枚入り。
1枚のサイズは横25cm×縦35cm。
マチ付きのポリ袋です。

アイラップの使い方

アイラップは、大きめでマチがついているおり多用途で使えます。
耐熱温度は、119℃位まで。
箱の注意書きに「密封しないで、120℃以下でご使用ください」とあります。
耐冷温度はー30℃。
冷凍庫や冷蔵庫で食品や料理を保存が可能。
野菜や具材を入れてそのまま熱湯にも入れられるので、食材や冷凍保存さした料理の解凍や温めもできます。
私は、ブロッコリーやニンジンなどの野菜をアイラップに入れ、レンジで調理しています。
短時間で調理できるのと、鍋や調理器具を洗う手間がないので時短にもなります。

料理以外にも使える

その他にも、お菓子を入れたり、旅行の時に衣類などを入れたりします。日本全国のどこに行っても売っているものだと思っていましたので、新潟県と北陸の一部でしか販売されていないと聞き驚いています。
ラジオ番組で、岩谷マテリアルの方が出演し、お話ししているのをたまたま聴き、「えー、知らなかった!」と思わず言ってしまいました。(笑)
なぜ一部地域でしか販売されていないのかは分かりません。
全国展開すれば必ず売れる商品だと思います。
ちなみに通販で購入可能です。
興味のある方はどうぞ。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

便利なミニフライパン 料理が楽になる

ステンレス製の蒸し器の利用で体重が4キロ減りました

指先トング自分の手のように食材がつかめる優れもの

袋ラーメンが電子レンジで簡単に作ることができます

リバーライト 極ジャパンのフライパンは焦げ付きにくい

テレビで話題の三角コーナーいらずの水切り袋