キッチン以外でも大活躍 ジッパー付きビニール袋

どの家庭にもキッチンをのぞけば必ず一つは見つかるジッパー付きビニール袋。
肉や野菜を保存したり、下味をつけたりするのにとっても重宝しますよね。でもジッパー付きビニール袋は、料理以外でもとても役立つ商品なんです。
ここではその活用法をご紹介したいと思います。

料理で大活躍

スーパーで購入した肉や野菜は、時間のあるときに細かく刻んだり下味をつけたりしておくと、食事の準備がずいぶん楽になります。しかし、野菜を塩もみしたりお肉を調味料につけたりしていると、手も汚れるし、たくさんのお皿が必要です。
そんな時に、ジッパー付きビニール袋を使えば、袋の上から揉むことができるので手を汚す心配がありません。
また、冷蔵庫に入れる時にも場所を取らないので一石二鳥です。

小物の整理に大活躍

子どものおもちゃやシール、切手や裁縫用具など、家の中には細かい物がたくさんあります。
それらを整理するときにも、ジッパー付きビニール袋が便利です。
ジッパー付きビニール袋に、マジックペンやシールで分別する物の名前を記入し片付けます。可愛いシールを貼れば、子どもも喜んで片付けてくれます。
ビニール袋に片付けたら、大きめの箱に入れれば完了です。
透明の復路なので、使う時に中身が見えるので簡単に取り出しができます。

お出かけに大活躍

小さなお子さんと一緒にお出掛けするのは楽しいのですが、オムツや水筒、哺乳瓶など、荷物がたくさん増えてしまいます。
大きめのカバンやリュックに詰め込んでも、使う時に簡単に取り出せず困ってしまった経験は、子育て中の方なら一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
そんな時にジッパー付きビニール袋が重宝します。
オムツや哺乳瓶をカバンに入れる場合、専用ポーチに入れるよりもジッパー付きビニール袋の方が、中身が見えるので探しやすいです。お子さんとのお出かけだけでなく、旅行の際の荷造りにも応用できますので、ぜひ試してみてください。

まとめ

ジッパー付きビニール袋は、スーパーやコンビニのビニール袋よりも丈夫に作られています。料理に使ったものは衛生面から考えても一度きりの使用が良いと思いますが、整理整頓になら何度か繰り返し使えます。
いろいろな活用方法を試してみてください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三角コーナーはもう必要ない!ポリ袋ホルダーで清潔なキッチンに

目盛り付きマグカップで朝にゆとりを

主婦の方必見!まな板シートの便利な使い方

キッチン用品 人気のピーラー&取っ手着脱式お鍋をご紹介

指先トング自分の手のように食材がつかめる優れもの

コンロ掃除を簡単にピカピカにする方法