お茶パック便利な使い方

お茶パックは、お茶をいれる場合に使いますが、それ以外でも便利な使い方があります。
主婦の方には、とても重宝する使い方だと思いますのでご紹介します。

煮干のカスを入れて出汁として使える

煮干を使っていると、容器に入っている煮干の量が減っていき、最後の方になると容器の中に、煮干のカスが出てきます。
そのカスをお茶パックの中に入れて出汁(ダシ)として、使うことができます。
お茶パックを使うことで、煮干を無駄なく使い切る事ができます。
かつお節を入れて出汁として使える
かつお節を、そのまま出汁として使うと、かつお節が、入れた料理の中にバラバラになって残ってしまいます。
お茶パックを使うことで、かつお節の出汁だけをとる事ができます。

エビの頭を入れて出汁として使える

エビの頭は出汁として使えますが、エビの頭をそのまま使うと、料理の中に残ってしまいます。お茶パックを使うことで、エビの頭の出汁をとる事ができますし、エビの頭を料理の中に残さずに済みます。

まとめ

お茶パックは、お茶を入れる以外でも、煮干、かつお節、エビの頭を入れて使うと、料理の出汁をとるために使うことができます。とてもおすすめの商品です。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHKまちかど情報室 | かっぱっぱ / KAPAPA レインコート

EM生ごみ堆肥は環境に優しい

BRUNOホットサンドメーカーは忙しい朝の救世主

収納のアイデア商品でクローゼットを整理しましょう

ペットボトル 結露取りワイパー 朝の悩みも解決

布団乾燥機カラリエ 口コミで評判です