お茶パック便利な使い方

お茶パックは、お茶をいれる場合に使いますが、それ以外でも便利な使い方があります。
主婦の方には、とても重宝する使い方だと思いますのでご紹介します。

煮干のカスを入れて出汁として使える

煮干を使っていると、容器に入っている煮干の量が減っていき、最後の方になると容器の中に、煮干のカスが出てきます。
そのカスをお茶パックの中に入れて出汁(ダシ)として、使うことができます。
お茶パックを使うことで、煮干を無駄なく使い切る事ができます。
かつお節を入れて出汁として使える
かつお節を、そのまま出汁として使うと、かつお節が、入れた料理の中にバラバラになって残ってしまいます。
お茶パックを使うことで、かつお節の出汁だけをとる事ができます。

エビの頭を入れて出汁として使える

エビの頭は出汁として使えますが、エビの頭をそのまま使うと、料理の中に残ってしまいます。お茶パックを使うことで、エビの頭の出汁をとる事ができますし、エビの頭を料理の中に残さずに済みます。

まとめ

お茶パックは、お茶を入れる以外でも、煮干、かつお節、エビの頭を入れて使うと、料理の出汁をとるために使うことができます。とてもおすすめの商品です。

関連記事

宅配ボックス 折りたたみタイプ 以外と便利です

突っ張り棒で棚を作っておしゃれに収納する方法

ジーンズを早く乾かす方法

ダイソーで購入できる便利な用品をご紹介

真面目な建材メーカーが作った国産の珪藻土バスマット

スマホスタンド 車でも家でも使える吸盤式がおすすめです