ペットボトル 結露取りワイパー 朝の悩みも解決

底冷えがする冬の朝、カーテンを開けるとそこには結露でびっしょりになった窓が現れ、ため息をつく主婦の方は多いのではないでしょうか。最近では窓の性能も良くなってきた為結露知らずの方もいらっしゃるとは思いますが、多くの方が結露を経験されていることと思います。雑巾で拭いてもなかなか拭ききれない面倒くさい結露の掃除…。そのような結露の掃除をあっという間に、しかも楽しく行うことができる商品があります。それが結露とりワイパーです。

結露取りワイパーとは

結露取りワイパーとは文字通り結露をとるワイパーなのですが、ワイパーの柄の部分が吸水タンクになっていたり吸水用に自宅のペットボトルを取り付けられる構造になっていたりするワイパーです。この吸水タンクの部分を持って、結露が付いた窓の下から上へ向けてヘッドを滑らせることによってタンクの中へ結露が入っていき窓の結露が取れるという仕組みになっています。

結露取りワイパーの使用感は

結露取りワイパーは前述の通りワイパーの柄の部分が吸水タンクになっているという簡単な作りですが、その効果は絶大です。種類にもよりますが100ml前後の吸水タンクで、結露がたっぷり付いた掃き出し窓1枚の結露とりをすると、吸水タンクが溢れるほどの結露が取れます。また、ヘッドの幅も20㎝前後あるので、1枚の窓が4回ほどの作業で終りあっという間に終わってしまいます。小さな水滴を残したくなければもう一通り結露取りワイパーをするか、雑巾で軽く拭く程度で窓がピカピカになります。どんどん結露が取れて行くので掃除というよりは楽しいゲーム感覚で結露とりを行えてしまうのも嬉しいポイントです。

結露取りワイパーはどこで買える?

とても便利な結露取りワイパーですが、どこで購入することができるのでしょうか。もちろんホームセンターや雑貨店にあります。元から柄の部分が吸水タンクになっているものと、自宅のペットボトルを取り付けるものと二種類あるので、元からある吸水タンクでは量が足りなかったり何度も捨てに行くのが面倒くさかったりする方はペットボトル装着型を、それほど結露は酷くない方や自宅にペットボトルを所持していない方は吸水タンク付き型を選ぶと良いでしょう。

まとめ

朝の忙しい時間帯に窓に沢山の結露が付いていたら気持ちが落ち込んでしまうかもしれませんが、結露取りワイパーがあれば時短でしかも楽しく結露をとることができ、毎日の掃除も楽になるのではないでしょうか。きっと一度使うと手放せないお掃除アイテムになることでしょう。

是非お試しください。

 COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

エコホルダータワーのとても便利な使い方

ジーンズを早く乾かす方法

宅配ボックス 折りたたみタイプ 以外と便利です

無印良品のパスポートケースが家計簿代わりに大活躍

NHKまちかど情報室 1万円札の原料から生まれた炭石鹸は消臭能力が凄い

日テレZIPで紹介 羽なしハンディファン ZERO9は屋外で大活躍